はぐくみ葉酸は危険?

はぐくみ葉酸が危険って本当?気になるデメリットとは?

妊娠専門店の優しいサプリとして人気の「はぐくみ葉酸」サプリメントですが、調べてみると「危険」や「デメリット」などの悪い口コミや評判が。こんなに素晴らしいサプリなのに、なぜそのようなことになるのか?気になって調べてみました。

はぐくみ葉酸は、葉酸サプリの中でも最高峰

まず皆さんに知っておいて頂きたいことは、はぐくみ葉酸は言うまでもなく葉酸サプリの中でも最高峰です。初回購入限定では1,980円(先着300名様限定です)と破格な上に、はぐくみ葉酸のキャンペーン(ハグクミ定期便)はいつでも解約可能です。

 

では、数ある葉酸サプリの中で、はぐくみ葉酸の何が危険なのでしょうか?他の葉酸サプリと比較しても遜色はない葉酸サプリですから、もしもはぐくみ葉酸に危険性があったら、他の葉酸サプリも危険ということになります。

 

いろいろと調べていく上で、はぐくみ葉酸に限らず葉酸サプリを服用する「危険性や副作用」というものがあるのでは?と思いました。

葉酸の危険性が問題なのかもしれない

妊娠後期に葉酸サプリを飲むと赤ちゃんの喘息の確立が上がる?

 

まず、葉酸が足りてない場合に引き起こる症状として「葉酸欠乏症」が挙げることができます。

 

葉酸欠乏症とは?
妊娠や授乳により、葉酸は要求量が増加します。葉酸はアミノ酸や核酸を合成するのに必要な補酵素なので、細胞分裂が盛んな箇所で欠乏症が現れやすいと言われています。

  • 貧血
  • 免疫機能減衰
  • 消化管機異常
  • 心臓病・大腸がん・子宮頸がんのリスク上昇

 

厚生労働省は2000年に妊娠を予定、および妊娠中の女性にたいして1日あたり0.4mg以上の葉酸を推奨摂取量として規定しました。

 

なぜなら、妊娠期に葉酸が欠乏すると、胎児に神経管閉鎖障害が起こり、重度の場合は死に至るからです。また、無脳児の発生リスクも高まるとされています。

 

特に神経管閉鎖障害に対しては、妊娠初期が重要で妊娠に気がついていない段階が最も葉酸が必要とされている期間であると考えられているのです。

 

はぐくみ葉酸サプリでこれらの危険性を解消できることは本当に素晴らしいですよね。

葉酸の過剰摂取が危険?「葉酸過剰症」とは?

欠乏症とは反対に、過剰に葉酸を摂りすぎると引き起こされる危険性の高い「葉酸過剰症」と呼ばれる病気もあります。葉酸過剰症は一度に1~10㎎の摂取すると引き起こす可能性があると言われています。

  • 悪性貧血
  • 発熱
  • 蕁麻疹
  • かゆみ
  • 呼吸障害

などの症状が特徴です。

 

はぐくみ葉酸に含まれている葉酸は500μグラムなので量を守れば葉酸過剰症になる心配はないでしょう。

 

しかし、規定された量を守らずに2日分飲んだりすると1㎎になるので葉酸過剰症が引き起こる可能性のある量に達してしまいます。

 

人によって耐性が違うため1㎎~10㎎と幅が広いので気をつけるようにしてください。しかし、基本的には葉酸を過剰摂取するよりも、欠乏するほうが恐ろしいので、サプリメントとはいえ用法と用量をきちんと守るようにすれば安心です。

 

それでもはぐくみ葉酸を飲むのが心配!という方は、いちど医師に相談することが大切ですよ。

 

参考元:「健康食品」の安全性・有効性情報